Welcome to my blog

珍しくないが珍しい生態のツチイナゴ      +「拝み虫(おがみむし)」

ボギパパ(もはや爺ィ)

ボギパパ(もはや爺ィ)

ツチイナゴ

年中どこかの草むらに居て珍しくもないバッタ(ツチイナゴ)でも珍しい生態のバッタです。

トノサマバッタと間違えるほど大きな、このバッタは日本で唯一冬に活動するバッタです。
又、他のバッタ類が好む「イネ科」などの植物は、食べないバッタなのです!

ツチイナゴ

ツチイナゴ

ツチイナゴ

見分け方の特徴は、幼虫も成虫も目の下に涙のような黒い模様が有ります。
ツチイナゴ

セイタカアワダチソウは虫媒花で、この花には多くの虫が集まり
そして、この虫を食べに、この虫達を捕食するこの子、別名「拝み虫」もやって来ます。

拝み虫(おがみむし)

このカマキリの羽の模様が、マスクメロンみたいで面白かったので、見やすく反転して見やすく。
拝み虫(おがみむし)









スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.